死亡者数は過去最少も、休業4日以上の死傷者数は3年連続で増加~平成30年の労働災害発生状況を公表(厚生労働省)

厚生労働省では、このたび、平成30年の労働災害発生状況を取りまとめましたので公表します。平成30年の労働災害による死亡者数は909人(対前年比7.1%減)であり、過去最少となりました。一方、休業4日以上の死傷……

雇用者5620万人のうち、正規の職員・従業員は、前年同期に比べ34万人増加し3457万人。非正規の職員・従業員は45万人増加し2162万人~『労働力調査(詳細集計)平成31年1~3月期平均(速報)』(総務省)

総務省統計局は、労働力調査(詳細集計) 平成31年(2019年)1~3月期平均(速報)結果を発表しました。 ■結果の要約【雇用形態別雇用者及び現職の雇用形態についた理由】役員を除く雇用者5620万人のうち,……

雇用者5620万人のうち、正規の職員・従業員は、前年同期に比べ34万人増加し3457万人。非正規の職員・従業員は45万人増加し2162万人~『労働力調査(詳細集計)平成31年1~3月期平均(速報)』(総務省)

総務省統計局は、労働力調査(詳細集計) 平成31年(2019年)1~3月期平均(速報)結果を発表しました。 ■結果の要約【雇用形態別雇用者及び現職の雇用形態についた理由】役員を除く雇用者5620万人のうち,……

平成31年3月分の現金給与総額は前年同月比1.9%減。所定外労働時間は4.4%減。常用雇用は1.8%増~毎月勤労統計調査平成31年3月分結果速報(厚生労働省)

厚生労働省は毎月勤労統計調査平成31年3月分結果速報を、今般とりまとめましたので公表します。 【調査結果のポイント】〔()内は、前年同月比または前年同月差を示す。〕1 賃金(一人平均)(1)現金給与総……

平成31年3月分の現金給与総額は前年同月比1.9%減。所定外労働時間は4.4%減。常用雇用は1.8%増~毎月勤労統計調査平成31年3月分結果速報(厚生労働省)

厚生労働省は毎月勤労統計調査平成31年3月分結果速報を、今般とりまとめましたので公表します。 【調査結果のポイント】〔()内は、前年同月比または前年同月差を示す。〕1 賃金(一人平均)(1)現金給与総……

労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針の一部改正案ついて意見募集(パブコメ)

「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針の一部を改正する件(案)」について、2019年(令和元年)5月20日から、パブリックコメントによる意見募集が開始されています。
これは、事業者が労働安全衛生マネジメントシステムに従って行う措置の実施単位について、法人が同一である二以上の事業場とすることができるようにする等、労働安全衛生マネジメントシステムを、その国際規格等との整合性のとれたものとするために行おうとする改正です。
意見募集の締切日は、2019年(令和元年)6月18…

外国人労働者に対する安全衛生教育の推進等について 通達を公表(厚労省)

 厚生労働省から、平成31年(2019年)3月末頃に発出された通達「外国人労働者に対する安全衛生教育の推進等について(平成31年基発0328第28号)」が公表されました(同年5月17日公表)。
  出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律(一部の規定を除き平成31 年4月1日から施行)により、新たな在留資格「特定技能」が創設され、特定産業分野(人材を確保することが困難な状況にあるため外国人により不足する人材の確保を図るべき産業上の分野)において…

平成30年の労働災害発生状況などを公表(厚労省)

 厚生労働省から、「平成30年の労働災害発生状況」が公表されました。
 これによると、死亡者数は過去最少も、休業4日以上の死傷者数は3年連続で増加しているとのことです。

 また、「平成30年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)」も公表されました。
 これによると、死亡者数、死傷者数ともに前年(平成29年)の倍になっているとのことです。(いずれも、令和元年(2019年)5月17日公表)

 同省では、全国安全週間(7月1日~7日)とその準備月間(6月1…