労働者143人に約3900万円の賃金不払い 洋菓子・飲食店を送検 兵庫労働局

 兵庫労働局は労働者5人に1カ月分の賃金を支払わなかったとして、㈱イグレック・プリュス(兵庫県神戸市中央区)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで神戸地検に書類送検した。 同社は兵庫・東京・大阪に洋菓子店やフレンチレストランを14店舗展開していた。代表取締役は神戸市中央区の店舗に所属する労働者5人に対し、平成28年12月分の賃金計約64万円を支払わなかった。 不払いの被……[続きを読む]…

理由もなく賃金から合計42万円控除し書類送検 正社員転換の際に取決め 江南労基署

 愛知・江南労働基準監督署は、所定支払日に賃金の一部しか支払わなかったとして、電気通信工事などを行う㈱BAく(ばく)と同社代表取締役を労働基準法第24条(賃金の支払)違反で一宮区検に書類送検した。 同社は、平成29年2~8月の間、労働者2人に対し、毎月の賃金から法定の除外事由がないにもかかわらず、一定額を控除し賃金を支払っていた。その額は、1人が月2万円、もう1人が月4万円、合計42万円に上った。……[続きを読む]…

【主張】増税に抗せない実質賃金

 政府の菅義偉官房長官は、消費税率10%への引き上げに向けて、「思い切った駆け込み反動減対策を講じていきたい」と述べた。法令通りに消費税増税を実施する方針を示唆したものだが、賃金上昇率はまだ増税に耐え得る状況にはない。増税によって賃金や雇用情勢に大きなマイナスの影響が生じる可能性が高く、来春には再度凍結を決断すべきである。……[続きを読む]…

【賃金事例】TIS/同一処遇制度で65歳定年 55歳からの抑制措置全廃へ

高度専門職に継続認定も TIS㈱(東京都新宿区、桑野徹社長)は、来年4月から減額措置を伴わない65歳定年制へ移行する。世代交代を図るためにマネージャー層に限って役職定年を設けるものの、それ以外は定年まで同じ人事制度を適用する。高度専門職として認定されることで、60歳以降も管理職層として処遇される道を開いた。現在は、55歳から職責と報酬を低減する「専任職」制度を入れ、さらに定年後はグレード別定額で再……[続きを読む]…

経営不振で賃金32万円不払い 電気工事業者を送検 二戸労基署

 岩手・二戸労働基準監督署は、労働者に対して賃金を支払わなかったとして、㈲與羽電気工業と実質的な経営者を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で盛岡地検二戸支部に書類送検した。
 同社は平成30年1月、労働や4人に対して合計32万円の賃金を支払っていなかった。立件対象期間以外にも不払いの実態が認められている。
 経営不振が不払いの理由。同労基署が是正指導に入った直後には支払いが不可能な状……[続きを読む]…

【賃金調査】平成30年地域別標準生計費/東京・4人世帯 29.6万円に

最近2年間で1割増 大阪、名古屋との差8万円 今年4月の4人世帯の標準生計費は、東京29.6万円、大阪市21.2万円、名古屋市21.9万円などとなった。東京が前年比1.7万円(6.0%)アップし、最近2年間では10.5%増と急激に伸びている。大阪市が0.4%の微減、名古屋市が1.2%減と落ち込んだため、東京との差がともに約8万円に広がった。全体的な傾向では20万~24万円台に6割強の地域が集中し、……[続きを読む]…

【キャリアアップ助成金】賃金規定等改定コースとは?

キャリアアップ助成金制度について 働き方改革など、非正規雇用労働者の問題は解決するべき優先順位の高い課題となっています。非正規労働者に関する課題を解決するために、2013年に非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップや賃…

The post 【キャリアアップ助成金】賃金規定等改定コースとは? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

同一労働同一賃金 「影響ある」75% 九州経協調べ

具体的取組みは未だ低調 九州・沖縄8県の経営者協会は今年5~6月、同一労働同一賃金への対応に関するアンケート調査を実施した。4分の3の企業が法制化の「影響がある」と考える一方、具体的な対応策の取組み状況は低調なことが判明している。 調査は約2000社を対象に実施し、544社から回答を得た。回答企業の7割弱を、従業員数300人未満の中小企業が占めている。 契約社員やパートの賃金、手当について、正社員……[続きを読む]…

正社員2人に9カ月間賃金を1円も支払わず 運動用器具メーカーを送検 藤岡労基署

 群馬・藤岡労働基準監督署は正社員2人に9カ月間、1円も賃金を支払わなかったとして、㈱エティモ(群馬県藤岡市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで前橋地検高崎支部に書類送検した。 同社はゴルフクラブのシャフトやスポーツ吹き矢の製造・販売を営んでいる。代表取締役は平成29年4月1日~12月31日までの9カ月間、正社員2人に賃金を全く支払わなかった。不払い総額は276万2……[続きを読む]…

正社員2人に9カ月間賃金を1円も支払わず 運動用器具メーカーを送検 藤岡労基署

 群馬・藤岡労働基準監督署は正社員2人に9カ月間、1円も賃金を支払わなかったとして、㈱エティモ(群馬県藤岡市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで前橋地検高崎支部に書類送検した。 同社はゴルフクラブのシャフトやスポーツ吹き矢の製造・販売を営んでいる。代表取締役は平成29年4月1日~12月31日までの9カ月間、正社員2人に賃金を全く支払わなかった。不払い総額は276万2……[続きを読む]…