課題に対してリーダーシップ・スタイルを変えるコンセプト理論とは?

現代のリーダーシップ理論は「臨機応変」が重要 リーダーシップが学問的な関心を集め、研究対象となった歴史は古く、特に1900年代になるとアメリカなどを中心にその理論化・体系化が進められてきました。 初期の研究では「リーダー…

The post 課題に対してリーダーシップ・スタイルを変えるコンセプト理論とは? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

2019年景気は「消費税制」が最大の懸念材料。「悪化」局面を見込む企業が29.4%に急増。景気回復のために必要な政策は「人手不足の解消」が42.7%でトップ~『2019年の景気見通しに対する企業の意識調査』:帝国データバンク

2018年12月10日に発表された7~9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4~6月期)比0.6%減(年率換算2.5%減)と、2四半期ぶりのマイナス成長となった。人手不足の深刻化に加えて、台風や地震など自然災害も重な……

平成30年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募を開始します~ひとり親家庭の就業支援に積極的に取り組む企業・団体を募集(厚生労働省)

厚生労働省では、 ひとり親家庭に対しての自立支援の一環として 、就業支援に積極的に取り組んでいる企業や団体を表彰する「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募を12月14日から開始します。子育てと……

社会人1年目から3年目にかけてモチベーションは低下し、3年目の平均点は10点中4.7点。働き方改革の推進を感じている方がモチベーションは高い~『「仕事のモチベーション」に関する調査』:東京未来大学

学校法人 三幸学園が運営する東京未来大学(本部:東京都足立区、理事長:昼間一彦、学長:角山剛) は、転職経験の無い社会人3年目の男女300名に「仕事のモチベーション」に関する調査を実施しました。 2016……

【時間外労働等改善助成金】勤務間インターバル導入コースとは

労働者のプライベートや休息時間を確保しよう 現在、長時間労働による様々な問題が取りざたされ、労働時間や働く人の健康に対する意識が高まっています。このように時間外労働に対する施策を取った中小企業に向けて助成を行う制度「時間…

The post 【時間外労働等改善助成金】勤務間インターバル導入コースとは appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

【時間外労働等改善助成金】勤務間インターバル導入コースとは

労働者のプライベートや休息時間を確保しよう 現在、長時間労働による様々な問題が取りざたされ、労働時間や働く人の健康に対する意識が高まっています。このように時間外労働に対する施策を取った中小企業に向けて助成を行う制度「時間…

The post 【時間外労働等改善助成金】勤務間インターバル導入コースとは appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

2018年の有休消化率は平均51%、初めて5割を超える。年代別では20代の有休消化率が最も高く、51.8%~『2018年「Vorkers有休消化率レポート」』:ヴォーカーズ

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」は、「2018年『Vorkers有休消化率レポート』」を発表しました。来年4月から施行される働き方改革関連法案では、労働基準法が改正され、年10日以上有給休暇の権利……

イノベーションを起こすために、大企業の2割が新たなイノベーション拠点を設置。人材・予算・働き方に裁量を持つ独立組織で、破壊的イノベーションを目指す~『イノベーションを起こすための工夫に関するアンケート調査』:日本生産性本部

調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木友三郎)は、大企業(注1)5,085 社を対象に、「イノベーションを起こすための工夫に関するアンケート……