トラッククレーンで死亡災害 運輸業者を送検 七尾労基署

 石川・七尾労働基準監督署は、クレーンによる荷の積み込み作業中の安全対策を怠ったとして、コンクリート製品等の輸送を行う㈱斉藤輸送(石川県七尾市)と同社専務取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で金沢地検七尾支部に書類送検した。平成30年4月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した労働者は他社の製品置場において、積載型トラッククレーンを使ってコンクリート製……[続きを読む]…

労働時間把握義務

 労働時間管理について、ひとこと。現状はといいますと、労働時間適正把握ガイドライン(平29・1・20基発0120第3号)が基準となります。こちら、労働時間の把握を行うべき者から、「労基法41条に定める者」「みなし労働時間制が適用される労働者」は除外されています。ただし、「健康確保を図る必要性」から使用者には適正な労働時間管理を行う必要があるとしています。…[続きを読む]…

時代の流れ読み解く/ブルーローズ社会保険労務士事務所 鈴木 達也

 私は社労士登録をして12年、開業して6年目の社労士である。 開業前は20年以上、会社員として一貫して管理部門の仕事を行ってきたが、採用、労務管理などには社会人1年目から業務としてかかわってきた。振り返ってみると、時代の流れが大きく変わり、意識変革を求められることも度々あった。 私が大学を卒業して社会に出た頃はインターネットが本格的に普及する前で、ワープロや表計算ソフトを使用して業務の合理化を図る……[続きを読む]…