労働生産性の向上が鍵/奥田社会保険労務士事務所 奥田 理恵

 世界遺産をめざす四国遍路! 四国八十八ヶ所霊場一番札所霊山寺がある徳島県鳴門市で開業し、社会保険労務士として中小企業の人事労務に携わり13年目になる。 今年度から徳島県社会保険労務士会内に徳島県働き方改革推進支援センターが設置され、働き方改革の関連セミナーや個別相談会の開催、事業主や従業員から職場で起こる様ざまな問題について相談に応じている。 相談内容は多岐にわたるが、時間外労働の上限規制、年次……[続きを読む]…

ハラスメント防止に注力/大阪府社会保険労務士会 大阪北支部 支部長 桑野 里美

 社会保険労務士を開業して22年が過ぎた。 子育て真っ最中に受験、子どもの寝かし付けを夫に引き受けてもらいながら勉強時間を捻出した。運良く合格できたが、すぐに業として成り立つはずはなかった。飛び込み営業をしては「保険は間に合っています」などとつれなく言われ、次の訪問先までの足取りは重く、沈んだ気持ちで帰宅する日が続いた。 それでも支部の研修、行事などに積極的に参加することで諸先輩に様ざまなことを教……[続きを読む]…

時代の流れ読み解く/ブルーローズ社会保険労務士事務所 鈴木 達也

 私は社労士登録をして12年、開業して6年目の社労士である。 開業前は20年以上、会社員として一貫して管理部門の仕事を行ってきたが、採用、労務管理などには社会人1年目から業務としてかかわってきた。振り返ってみると、時代の流れが大きく変わり、意識変革を求められることも度々あった。 私が大学を卒業して社会に出た頃はインターネットが本格的に普及する前で、ワープロや表計算ソフトを使用して業務の合理化を図る……[続きを読む]…

賞与に係る社会保険での報酬の取扱いを一部改正

厚生労働省から、『「健康保険法及び厚生年金保険法における賞与に係る報酬の取扱いについて」の一部改正について(平成30年7月30日保保発0730第1号・年管管発0730第1号) 』という通知(通達)が発出されました(公表は、平成30年7月31日および8月1日)。

改正されたのは、標準報酬月額の定時決定における賞与に係る報酬の取扱いです。
具体的には、次の2点が追加されました。
●「通常の報酬」、「賞与に係る報酬」及び「賞与」は、名称の如何にかかわらず、二以上の異なる性質を有する…

社会保険における賞与に係る報酬の取扱いを一部改正

厚生労働省から、『「健康保険法及び厚生年金保険法における賞与に係る報酬の取扱いについて」の一部改正について(平成30年7月30日保保発0730第1号・年管管発0730第1号) 』という通知(通達)が公表されました(平成30年7月31日公表)。

具体的には、賞与に係る報酬の取扱いを定めた通知に、次の2点が追加されました。
●「通常の報酬」、「賞与に係る報酬」及び「賞与」は、名称の如何にかかわらず、二以上の異なる性質を有するものであることが諸規定又は賃金台帳等から明らかな場合には、同一…

必要とされる存在めざし/社会保険労務士法人 むらだて事務所 村舘 俊樹

 大学を卒業した2009年に父の事務所で社労士を開業し、9年目になった。開業当時は、リーマン・ショックの直後ということもあり、多くの企業が人員過剰の状態で、私の大学の同級生も就職活動で苦労していた。当時、「60歳以上の方には引退してもらいたい」「ハローワークに募集を出したら応募者が殺到して困る」と話している会社が多かった。 それが2011年の震災以降、徐々に「ハローワークに募集をしても応募者が来な……[続きを読む]…

適切な対応を速やかに/社会保険労務士佐藤秀樹事務所 所長 佐藤 秀樹

 私が平成10年5月に香川県三木町に事務所を構え、今年で20年目を迎えた。多くの熱意ある経営者や、すばらしい社員の皆様とお会いして多くのことを学ばせていただき、感謝の思いである。 ご案内のとおり社会保険労務士は社会保険の事務手続きに終わらず、企業における人事評価制度、賃金体系の策定や労働時間や休日を決める就業規則の作成や見直しなどが業務であり、社員の皆様の人生に大きな影響を与える、重要な仕事だと認……[続きを読む]…

ニーズ捉え新価値創造/クラール社会保険労務士事務所 所長 佐々木 亮

 今年は、社会保険労務士にとって制度創設50周年を迎える記念すべき年であり、全国社会保険労務士会連合会をはじめ、都道府県会でも記念式典が予定されていると聞く。あらためて、諸先輩方の制度発展、社労士の地位向上に努めてこられたご尽力・ご功績に心から敬意を表したい。 他方、我われ社労士は、大きな転換期を迎えようとしている。 昨今、IT化の進展、AI(人工知能)時代の到来によって、業務の効率化が進み、今後……[続きを読む]…