【主張】労基違反で「身柄拘束」も

 本紙報道によると、岐阜労働基準監督署が、会社代表者を最低賃金法違反などの容疑で逮捕し、身柄送検したという(9月3日号5面)。働き方改革が進むなか、全体として労働環境は改善しつつあるものの、一方で法令違反を繰り返す悪質な企業経営者が後を絶たないのも現状である。 今回の送検事件では、被疑者が不出頭を続け、調査指導に応じなかったためやむを得ず逮捕した。司法警察官である労働基準監督官の是正指導を軽視・無……[続きを読む]…

日本ならでは同一労働同一賃金制度、メリットとデメリットとは?

ガイドライン案が固まりつつある「同一労働同一賃金」 同一の労働に従事する労働者には同一の報酬を支給する「同一労働同一賃金」は、ドイツやフランスなどのEU諸国に普及している考え方です。日本でも「働き方改革」の柱の一つである…

The post 日本ならでは同一労働同一賃金制度、メリットとデメリットとは? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

同一労働同一賃金ガイドライン案に書かれている内容とは?ポイントを説明

日本“ならでは”の「同一労働同一賃金」制度が求められる 同一労働同一賃金制度は、同一の労働に従事する労働者には同一の給与を支給するというもので、EU諸国に普及している考え方です。日本では、EU諸国での考え方や運用をベース…

The post 同一労働同一賃金ガイドライン案に書かれている内容とは?ポイントを説明 appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

国家公務員の定年は65歳・60歳以降の給与水準は7割 (人事院が意見、世間の反応は?)

人事院が、国家公務員の定年を60歳から段階的に65歳まで引き上げるよう求める意見書を国会と内閣に提出したことが話題になっています(提出は、平成30年8月10日)。
 
人事院の意見のポイントを整理すると次のとおりです。
●国家公務員制度改革基本法の規定を踏まえ、公的年金の支給開始年齢の引上げに合わせて、平成25年度から平成37年度に向けて、定年を段階的に65歳まで引き上げることが適当
●民間企業の高齢期雇用の実情を考慮し、60歳超の職員の年間給与を60歳前の70%水準に設定
●能力・…

国家公務員の定年は65歳・60歳以降の給与水準は7割 (人事院が意見、世間の反応は?)

人事院が、国家公務員の定年を60歳から段階的に65歳まで引き上げるよう求める意見書を国会と内閣に提出したことが話題になっています(提出は、平成30年8月10日)。
 
人事院の意見のポイントを整理すると次のとおりです。
●国家公務員制度改革基本法の規定を踏まえ、公的年金の支給開始年齢の引上げに合わせて、平成25年度から平成37年度に向けて、定年を段階的に65歳まで引き上げることが適当
●民間企業の高齢期雇用の実情を考慮し、60歳超の職員の年間給与を60歳前の70%水準に設定
●能力・…

「ユースエール認定」制度の認定基準と認定のポイントとは?

若年層のワークスタイルを応援する企業… 「ユースエール」認定を受けるためには? 女性や外国人活用の促進、高齢者の再雇用など、企業の多くは人事面で今までにないドラスティックな変革を求められる時代になりました。裏を返せば、企…

The post 「ユースエール認定」制度の認定基準と認定のポイントとは? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

同一労働同一賃金のガイドライン案とは?いつから適用されるの?

日本“ならでは”の「同一労働同一賃金」を実現する 同一労働同一賃金制度は、同一の労働に従事する労働者には同一の賃金を支給するというもので、ドイツやフランスなどのEU諸国に普及している考え方です。ヨーロッパ諸国で浸透してい…

The post 同一労働同一賃金のガイドライン案とは?いつから適用されるの? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.