【安全衛生・お薦めの一冊】『労働災害を防ぐ「しつけ」のすすめ』

職場でのルールを示す 整理・整頓・清掃・清潔、躾の頭文字をとった5S。日本では躾を重視している企業が少なくなく、職場の安全管理の基本として大きな成果を上げている。本書は半世紀にわたり安全衛生に携わってきた著者の経験から、企業で行われている「躾」について共通ルールをまとめたもの。 通路の取扱い、階段の使い方、エレベータの使い方、服装のルール、トイレの使い方など職場施設の利用の仕方から仕事の始めに行う……[続きを読む]…

平成29年の労働災害 死亡災害・死傷災害ともに増加

 厚生労働省から、「平成29年の労働災害発生状況」が公表されました(平成30年5月30日公表)。
 平成29(2017)年については、死亡災害、休業4日以上の死傷災害の発生件数はともに前年を上回り、それぞれ978人(5.4%増)、120,460人(2.2%増)となりました。
 死亡災害は3年ぶり、死傷災害は2年連続の増加となっています。

 その背景には、死亡災害については建設業や運送業での事故の増加、
 死傷災害については社会福祉施設など第3次産業での事故の増加があるようです。

 参考資料として…

墜落による労働災害を防止するための措置の強化を内容とする政省令の改正案(諮問・答申)

 厚生労働大臣は、平成30年5月23日、労働政策審議会に対し、「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案要綱」と「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令案要綱」について諮問を行いました。

この政省令の改正案は、高所作業を行う労働者の墜落による労働災害を防止するための措置を強化しようとするものです。

<改正のポイント>

●法令上、「安全帯」の名称を「墜落制止用器具」に改める。

●労働者に使用させる「墜落制止用器具」は、作業内容や作業箇所の高さ等に応じた性能を持つものであることとする。

●事…

マンホール内で一酸化炭素中毒 建設工事業者を送検 龍ヶ崎労基署

 茨城・龍ヶ崎労働基準監督署は、道路建設工事現場内での安全対策を怠ったとして、㈱日田建設工業(茨城県守谷市)と同社取締役で工事現場所長の男性を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で水戸地検土浦支部に書類送検した。平成30年1月、計4人の労働者が一酸化炭素中毒にかかる労働災害が発生している。 被災した労働者のうち2人は、マンホール内で内径約80センチの取付管を仕上げる作業を行っ……[続きを読む]…

マンホール内で一酸化炭素中毒 建設工事業者を送検 龍ヶ崎労基署

 茨城・龍ヶ崎労働基準監督署は、道路建設工事現場内での安全対策を怠ったとして、㈱日田建設工業(茨城県守谷市)と同社取締役で工事現場所長の男性を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で水戸地検土浦支部に書類送検した。平成30年1月、計4人の労働者が一酸化炭素中毒にかかる労働災害が発生している。 被災した労働者のうち2人は、マンホール内で内径約80センチの取付管を仕上げる作業を行っ……[続きを読む]…

15日加療の労災報告せず トイレットペーパー製造業者を送検 八女労基署

 福岡・八女労働基準監督署は、荷降ろし作業中に発生した労働災害に関して、労働者死傷病報告を提出しなかったとして、トイレットペーパー製造業のポピー製紙㈱(福岡県大牟田市)と同社執行役員を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で福岡地検久留米支部に書類送検した。平成28年2月、八女市内の工場において、同社労働者が倉庫内でトラックの荷台から転落し、15日の加療を要するケガを頭部に負っている。 最近……[続きを読む]…