フォークリフトの積荷で挟み込み死亡災害 段ボール製造業者を送検 茨木労基署

 大阪・茨木労働基準監督署は、フォークリフトとの接触防止措置を講じなかったとして、段ボールのシートやケースを製造する大和紙器㈱(大阪府茨木市)と同社の大阪工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。 平成30年4月、労働者が材料となるロール状の紙である原紙をフォークリフトで運搬していたところ、運んでいた原紙と床に立ててあった原紙の間に別の労働者が挟ま……[続きを読む]…

予定外の作業で墜落死 防止措置講じなかった製缶板金業者を送検 熊谷労基署

 埼玉・熊谷労働基準監督署は50歳代の男性労働者が作業中に墜落死した労働災害で、テックエンジニアリング㈲(埼玉県熊谷市)と同社の工場長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いでさいたま地検熊谷支部に書類送検した。 同社は製缶板金業を営んでいる。労働災害は平成30年1月31日、同社の工場内で起きた。工場では集塵機の一部になる金属製の箱(高さ約2.6メートル、長辺約3.1メート……[続きを読む]…

古紙崩壊に巻き込まれ労働者が死亡 作業中に関係者以外を立ち入らせた製紙会社を送検 富士労基署

 静岡・富士労働基準監督署は積み替え作業後に古紙が崩壊し、崩壊に巻き込まれた64歳の男性労働者が死亡した労働災害で、松菱製紙㈱(静岡県富士市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで静岡地検富士支部に書類送検した。 同社は古紙からトイレットペーパーなどを製造している。労働災害は平成30年4月24日、同社の古紙置き場で起きた。古紙置き場には圧縮・拘束した古紙が……[続きを読む]…

屋根踏み抜いて墜落 死亡労災で建設業者を送検 郡山労基署

 福島・郡山労働基準監督署は、工事現場内における安全対策を怠ったとして、㈱鈴船建設(福島県田村市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福島地検郡山支部に書類送検した。平成30年4月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 労災は、田村市内の屋根修繕工事現場で発生した。被災した労働者が屋根材であるFRP波板を踏み抜き、地上へ8.66メートル墜落している……[続きを読む]…

【キャリアアップ助成金】健康診断制度コースとは?

健康診断を実施すると助成金がもらえる!? 働き方改革や同一労働同一賃金についてなど、非正規雇用(有期契約)労働者の問題は解決する優先順位の高い課題となっています。賃金や待遇だけでなく、健康面での格差も、国が解決しようとす…

The post 【キャリアアップ助成金】健康診断制度コースとは? appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

高圧受電設備点検中に死亡労災 屋根から墜落防がず送検 羽曳野労基署

 大阪・羽曳野労働基準監督署は、労働者に地上から高さ4.5メートルの高所で作業を行わせる際に安全対策を怠ったとして、電気保安管理業の㈱高度技術研究所(大阪府吹田市)と同社電気保安部部長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。平成30年3月、労働者が死亡する労働災害が発生している。 同社は、南河内郡河南町内にある委託契約先事業場において、高圧受電設備の点……[続きを読む]…

石綿部品製造で送検 最も重い刑罰を規定 春日部労基署

 埼玉・春日部労働基準監督署(布施武雄署長)は、製造が禁止された石綿を含有するブレーキ部品を製造したとして、中央ブレーキ製作所(埼玉県越谷市)の事業者の男性を労働安全衛生法第55条(製造等の禁止)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。 安衛法は重量の0.1%を超える石綿を含有する物の製造、輸入、譲渡、提供、使用を禁止している。違反した場合は……[続きを読む]…

物体落下による危険防止措置講じず送検 労働者が永久全部労働不能に 二戸労基署

 岩手・二戸労働基準監督署は、74歳の労働者が頚椎損傷により永久全部労働不能となった労働災害で、「みちのく商事」の代表者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で盛岡地検二戸支部に書類送検した。 労災は平成29年11月、くじ市内の作業現場において発生している。同代表者がドラグショベルを使って木材を倉庫屋根上の梁に降ろしたところ、木材の重みで梁が折れ、被災した労働者に直撃した。 ……[続きを読む]…

技能実習生が轢かれて死亡 石材業者代表・無資格運転容疑で書類送検 岡崎労基署

 愛知・岡崎労働基準監督署は、ドラグ・ショベルを無資格運転したとして、石材業者「石のマルナカ」の代表者(愛知県岡崎市)を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で書類送検した。平成30年2月、愛知県額田郡内の河川改良工事現場において、1次下請で入場していた企業に雇用されていたベトナム人技能実習生が出血性ショックで死亡する労働災害が発生していた。 同代表者は現場内においてドラグ・ショベルをバック……[続きを読む]…