ストレス反応とは?ストレスが発生するメカニズムと影響範囲について

健全な企業・組織作りのためのメンタルヘルス指針 近年、仕事や職業生活に関して強い不安やストレスを感じている労働者 が5割を超える状況にある中、国も、企業においてより積極的に心の健康の保持増進を図るため、『労働者の心の健康…

The post ストレス反応とは?ストレスが発生するメカニズムと影響範囲について appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

「産業医・産業保健機能」と「面接指導等」の強化に関する改正についてパンフレットを公表(厚労省)

   厚生労働省から、 『「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されます 』というタイトルのパンフレットが公表されました。
   これらの強化は、働き方改革関連法による労働安全衛生法の改正により行われるものです(2019(平成31)年4月1日施行)。
   時間外労働の上限規制や年次有給休暇の時季指定義務の導入にくらべると、注目度は低いですが、このような改正が行われることも確認しておきま…

小規模事業場産業医活動助成金とは?産業医を活用しよう!

専門家から健康管理の指導・助言を受けてみよう! 労働者の健康管理に注目が集まっています。労働契約法第5条では、事業主は労働者の安全の配慮が必要であると定められており、義務化されています。労働者の安全には心身の健康も含まれ…

The post 小規模事業場産業医活動助成金とは?産業医を活用しよう! appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

小規模事業場産業医活動助成金とは?産業医を活用しよう!

専門家から健康管理の指導・助言を受けてみよう! 労働者の健康管理に注目が集まっています。労働契約法第5条では、事業主は労働者の安全の配慮が必要であると定められており、義務化されています。労働者の安全には心身の健康も含まれ…

The post 小規模事業場産業医活動助成金とは?産業医を活用しよう! appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

産業保健関係助成金とは?健康的に働ける環境づくりに活用しよう!

新しくなった産業保健関係助成金 採用や労働生産性など、労働者に関する助成金は数多く存在します。人事に関わる助成金として厚生労働省管轄のものだけでなく、独立行政法人 労働者健康安全機構も様々な助成金を設けています。労働者健…

The post 産業保健関係助成金とは?健康的に働ける環境づくりに活用しよう! appeared first on 人事担当者のためのmitsucari公式ブログ.

作業主任者選任せず送検 死亡労災端緒に発覚 京都上労基署

 京都上労働基準監督署は、コンクリート造のビル解体工事現場において作業主任者を専任していなかったとして、解体業の㈱大坪組(京都府京都市南区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の容疑で京都地検に書類送検した。平成30年1月15日、同社に派遣されていた労働者がビルの屋上の開口部から墜落して負傷する労働災害が発生している。 これを端緒に同労基署が捜査を行ったところ、労災発生から3……[続きを読む]…

清掃作業中にプラント動作し死亡災害 建設業者を書類送検 川崎南労基署

 神奈川・川崎南労働基準監督署は、機械の清掃作業中における動作防止措置を講じなかったとして、建設業の㈱アシスト(東京都町田市)および同社の取締役と現場リーダーの計1法人2人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、横浜地検川崎支部に書類送検した。 平成30年6月、神奈川県川崎市の工事現場において、セメントと水を攪拌するセメントプラントを労働者が水洗いしていたところ、別の労働者……[続きを読む]…

船舶関連業者を相次ぎ送検 労災隠蔽や立入禁止防止措置違反で 三原労基署

1・4次下請が労災かくし 広島・三原労働基準監督署は、船舶関連業者を労働安全衛生法違反の容疑で相次いで広島地検尾道支部に書類送検した。 労働者死傷病報告書を提出しなかったとして、同法第100条(報告等)違反の容疑で送検されたのは、船舶配管工事業の㈲共生工業(広島県呉市)と同社代表取締役、および個人事業主の計1法人2人。 共通の元請事業者の下、共生工業は1次下請として、個人事業主は4次下請として船舶……[続きを読む]…

時間把握義務は民事訴訟に影響 愛知労基協会・講習

 公益社団法人愛知労働基準協会(大野智彦会長)は、来年4月から順次施行となる、働き方改革関連法のポイントを解説するセミナーを開催、東京大学の水町勇一郎教授が講師として登壇した(写真)。 労働安全衛生法の改正により、事業者に来年4月から労働時間の把握義務が課される。改正法は管理監督者や裁量労働制の適用者も対象としており、タイムカードなどの客観的な方法での把握を求めている。水町教授は「違反による罰則は……[続きを読む]…