働き方改革関連法の内容について「知らない」と回答した企業は、「時間外労働の上限規制」が39.3%、「年次有給休暇の取得義務化」が24.3%、「同一労働同一賃金」が47.8%。認知度は従業員規模が小さくなるにつれて低下~「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」集計結果を公表:日本商工会議所

日本商工会議所(三村明夫会頭)は、このたび、「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」の結果を取りまとめた。本調査は、全国の中小企業2,881社を対象に、本年4月から順次施行される「働き方改革関連法……

働き方改革関連法の内容について「知らない」と回答した企業は、「時間外労働の上限規制」が39.3%、「年次有給休暇の取得義務化」が24.3%、「同一労働同一賃金」が47.8%。認知度は従業員規模が小さくなるにつれて低下~「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」集計結果を公表:日本商工会議所

日本商工会議所(三村明夫会頭)は、このたび、「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」の結果を取りまとめた。本調査は、全国の中小企業2,881社を対象に、本年4月から順次施行される「働き方改革関連法……

日本国内における働き方改革ICT市場、2017年の市場規模は2兆2,769億円。2017年~2022年にかけて年間平均成長率7.6%で成長し、2022年の規模は3兆2,804億円まで拡大すると予測~国内働き方改革ICT市場 分野別市場予測を発表:IDC Japan

IT専門調査会社IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内における働き方改革ICT市場予測を発表しました。これによると、2017年……

日本国内における働き方改革ICT市場、2017年の市場規模は2兆2,769億円。2017年~2022年にかけて年間平均成長率7.6%で成長し、2022年の規模は3兆2,804億円まで拡大すると予測~国内働き方改革ICT市場 分野別市場予測を発表:IDC Japan

IT専門調査会社IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内における働き方改革ICT市場予測を発表しました。これによると、2017年……

働き方改革関連法を「知っているが内容すべてはわからない」担当者は6割超。23.6%の担当者が対策を講じておらず、その理由は「検討する時間的余裕がないから」が最多~働き方改革関連法への対応に関するアンケート:エムステージ

企業・団体の産業保健を支援する産業医サポートサービスを手掛け、産業保健応援メディア「サンポナビ」を運営する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役社長:杉田 雄二)は、企業・団体に対して働き方……

働き方改革関連法を「知っているが内容すべてはわからない」担当者は6割超。23.6%の担当者が対策を講じておらず、その理由は「検討する時間的余裕がないから」が最多~働き方改革関連法への対応に関するアンケート:エムステージ

企業・団体の産業保健を支援する産業医サポートサービスを手掛け、産業保健応援メディア「サンポナビ」を運営する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役社長:杉田 雄二)は、企業・団体に対して働き方……

中小企業、多様な働き方を支援する施策を導入している企業の割合は45%、生産性向上を支援する施策を導入している企業の割合は40%~『中小企業の経営者を対象とした働き方改革に関する調査結果』:日経リサーチ

2019年4月から、働き方改革関連法が施行され、時間外勤務の上限規制や、年次有給休暇の確実な取得などが義務付けられる。日経「スマートワーク経営」調査では主に大企業を対象に働き方改革の実態を探り、既に多く……

中小企業、多様な働き方を支援する施策を導入している企業の割合は45%、生産性向上を支援する施策を導入している企業の割合は40%~『中小企業の経営者を対象とした働き方改革に関する調査結果』:日経リサーチ

2019年4月から、働き方改革関連法が施行され、時間外勤務の上限規制や、年次有給休暇の確実な取得などが義務付けられる。日経「スマートワーク経営」調査では主に大企業を対象に働き方改革の実態を探り、既に多く……

労働者過不足判断D.I.は、正社員等労働者、パートタイム労働者とも引き続き不足超過。働き方改革で今後実施する予定の取組は「休暇取得の促進」が最多~『労働経済動向調査(平成30年11月)』(厚生労働省)

厚生労働省では、このほど、労働経済動向調査(平成30年11月)の結果を取りまとめましたので、公表します。「労働経済動向調査」は、景気の変動が雇用などに及ぼしている影響や今後の見通しについて調査し、労働経……

労働者過不足判断D.I.は、正社員等労働者、パートタイム労働者とも引き続き不足超過。働き方改革で今後実施する予定の取組は「休暇取得の促進」が最多~『労働経済動向調査(平成30年11月)』(厚生労働省)

厚生労働省では、このほど、労働経済動向調査(平成30年11月)の結果を取りまとめましたので、公表します。「労働経済動向調査」は、景気の変動が雇用などに及ぼしている影響や今後の見通しについて調査し、労働経……