シニア人材の活躍に関するアンケート調査【日本CHO協会/パソナグループ】

課長~取締役149人が回答。シニア社員の活用や活性化について、8割が優先度が高い人事課題と考える一方、積極的に取り組んでいる企業は半数以下にとどまる。

あわせて読みたい