船舶関連業者を相次ぎ送検 労災隠蔽や立入禁止防止措置違反で 三原労基署

1・4次下請が労災かくし 広島・三原労働基準監督署は、船舶関連業者を労働安全衛生法違反の容疑で相次いで広島地検尾道支部に書類送検した。 労働者死傷病報告書を提出しなかったとして、同法第100条(報告等)違反の容疑で送検されたのは、船舶配管工事業の㈲共生工業(広島県呉市)と同社代表取締役、および個人事業主の計1法人2人。 共通の元請事業者の下、共生工業は1次下請として、個人事業主は4次下請として船舶……[続きを読む]

あわせて読みたい