中小企業と大企業の両方で70歳以上まで働ける制度を整える企業が拡大していることが、厚生労働省がまとめた平成30年高年齢者の雇用状況集計で明らかになった。 65歳までの高年齢者雇用確保措置を講じている企業の割合は前年比0.1ポイント増の99.8%に達した。従業員301人以上規模に限ると、……[続きを読む]