最賃未満の割合 神奈川が最多に 厚労省集計

 厚生労働省は、全国における最低賃金の履行状況を明らかにした。平成29年賃金構造基本統計調査を基に、最賃改正前に最賃を下回っている労働者の割合(未満率)を集計したところ、神奈川、大阪、北海道で未満率が高かった。 未満率は、全国計で1.5%。都道府県別では、神奈川が3.2%で最も高く、次いで、大阪が2.4%、北海道が2.2%となっている。 最も高い神奈川の状況をみると、宿泊業・飲食サービス業のほか、……[続きを読む]

あわせて読みたい