違法な時間外4割も 改正労基法へ対応急務 厚労省・過労解消で重点監督

 厚生労働省はこのほど、平成29年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表した。違法な時間外労働を行わせていた事業場は37.3%と4割近くに上った。そのうち月80時間超の時間外・休日労働の実績がある事業場は過半数に及んでいる。今国会で審議が始まった働き方改革関連法案では、時間外労働の上限について、臨時的で特別な事情がある場合でも、年720時間、単月100時間未満、複数月平均80時間……[続きを読む]

あわせて読みたい