【フォーカス】多摩冶金/新卒採用 2度面接実施し入社意思を確認 内定後は勉強会開催

外部研修での試験満点へ 航空機などに使われる金属部品の熱処理加工を行う多摩冶金㈱(東京都武蔵村山市、山田毅代表取締役社長、連結120人)は、一昨年から大卒の新卒採用を始めた。1次選考は本社や工場の見学で、学生が何に関心を持つかを観察。その後の面接と作文で人柄を確認する。2次選考でも面接を行い、入社の意思を強く確認している。内定者には、入社後すぐに参加する社外研修に向けた勉強会を開く。修了試験での満……[続きを読む]

あわせて読みたい