接客英語の習得支援 会社負担で講習受講 相鉄線駅係員

 相鉄線を運行する相模鉄道㈱(神奈川県横浜市、滝澤秀之代表取締役社長)は今月、400人在籍している駅係員のうち希望者が「接客英語学習プログラム」を受けられる教育支援態勢を整えた。訪日外国人観光客の増加などが取組み開始の背景にある。 ㈱旺文社が提供する接客英語に関するe―ラーニングサービス「ココマナ」の鉄道コースと、㈱学びUPコミュニケーションズが展開する「英語応対能力検定」から成るのが同プログラム……[続きを読む]

あわせて読みたい