半数以上は成果出ず 女性活躍で調査 埼玉労働局

 埼玉県内の企業の半数以上で、女性活躍推進の取組み成果が上がっていないことが埼玉労働局(木塚欽也局長)の調査により分かった。84.7%の企業が女性活躍を経営課題として重要と考えていることから、取組みに苦慮している状況がうかがわれる。 女性活躍推進法に基づく行動計画に掲げた取組みを進めた結果、あまり成果が出ていないと回答した企業は48.2%、成果が出ていないは5.3%で、……[続きを読む]

あわせて読みたい