予定外の作業で墜落死 防止措置講じなかった製缶板金業者を送検 熊谷労基署

 埼玉・熊谷労働基準監督署は50歳代の男性労働者が作業中に墜落死した労働災害で、テックエンジニアリング㈲(埼玉県熊谷市)と同社の工場長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いでさいたま地検熊谷支部に書類送検した。 同社は製缶板金業を営んでいる。労働災害は平成30年1月31日、同社の工場内で起きた。工場では集塵機の一部になる金属製の箱(高さ約2.6メートル、長辺約3.1メート……[続きを読む]

あわせて読みたい