就業規則で20分の「昼寝権」を保障――こんな取組みを、寝具などの企画開発と販売を行うまくら㈱(千葉県柏市、河元智行代表)が開始した。 60分だった昼休みを20分延長し、終盤の20分に昼寝を促す。眠気の強くなる午後の仕事を前に仮眠の取得を推進し、社員の作業効率や正確性を向上させる。 効率的な睡眠に向け、①睡眠中は声を掛けない、②当該時間に社員宛の電話があった際には、「ただいまお昼寝中です。△分後に……[続きを読む]