年内に発効される2018年度の「特定最低賃金」が全国各地で決定し出したなか、来年にも地域別最低賃金の水準に追い越されそうな特定最賃銘柄が複数に上っていることが分かった。 10月18日現在の決定状況をみると、仮に、今年同様の水準で来年の地域別最賃が引き上がるとした場合、……[続きを読む]