兼業・副業による人材の受け入れニーズに関する調査【関東経済産業局】

就業時間外の活動に対する意見(大企業)では、「内容を問わず本業以外の活動も積極的に行ったほうがよい」は4.3%と少数にとどまる一方、22.8%は「本業に支障が出ない範囲であれば認めてもよい」と回答。

あわせて読みたい