サービス産業 スキル標準認定を開始 取得者3万人めざす 経産省

現場人材の育成後押し 経済産業省は、サービス産業に従事する現場人材に求められるスキルを明確化した「おもてなしスキルスタンダート」に基づく個人認定制度をスタートさせた。高付加価値を提供できる人材の育成につなげるのが狙い。制度の創設に合わせ、昨年策定した同スタンダードのスキル要件も見直している。認定を開始したのは、設定した2段階の到達水準のうち、入門グレードである「ベーシック」。指定研修の修了者を認定……[続きを読む]

あわせて読みたい