人為ミス反映へ新手法 49項目に類型化して整理 製造業官民協議会・リスクアセスで

 厚生労働省と経済産業省、中央労働災害防止協会が化学や鉄鋼、自動車など各業界の経営層とともにつくる「製造業安全対策官民協議会」は、「意図的なルール違反・ヒューマンエラー」をリスクアセスメントに反映させる新手法を開発した。アンケート調査で200件超の「意図的なルール違反・ヒューマンエラー」事例を収集・分析し、49項目に類型化した整理表にまとめた。「可能性」について3段階で評価し、可能性の高さに応じて……[続きを読む]

あわせて読みたい