睡眠不足が労災招く 1.2倍のヒヤリリスク 建災防・実態調査

 建設業労働災害防止協会は、建設現場における不安全行動・ヒヤリハット体験に関する実態調査の結果を明らかにした。ヒヤリハット体験と心身の状態との関連を数値化したところ、「症状なし」を1.00とした場合に、「不眠」は1.18、「高ストレス反応」は2.03となり、よく眠れていない、またはストレス反応が高い人は、自分に原因があるヒヤリハットを体験するリスクが、通常と比べて1.2~2倍に上ることが分かった。……[続きを読む]

あわせて読みたい