「特定技能」を創設へ 新在留資格で骨子示す 政府

 政府は、外国人材の受入れ拡大に向けた在留資格改正案の骨子を明らかにした。人材不足分野で一定の技能を有する外国人を対象とする新在留資格「特定技能1号」と「特定技能2号」を創設するとした。 1号は、「相当程度の知識または経験を要する技能」が求められる業務に従事する外国人が対象。……[続きを読む]

あわせて読みたい