インフルエンザの予防接種の時期となりました。
インフルエンザの流行シーズンは、毎年11月末~4月といわれています。

業務への影響も

インフルエンザに罹患してしまうと、一定期間休むことが必要になり、業務などへの影響、また、社内での流行が懸念されます。

予防接種は11月中に

インフルエンザの感染・重症化予防手段のひとつが予防接種。
ただし、効果が出るまでには2週間かかるとされています。
また、効果の持続は5ヶ月程度とされています。
そのため、予防接種の時期は、11月中がベストです。

予防接種スケジュールをつくりましょう

インフルエンザの予防接種を個人で接種する場合もあれば、職場内で集団接種する場合もあるかと思います。
どちらにしても、予防接種のスケジュールをたてることをがおすすめです。

こちらもご一読ください

・ 「インフルエンザに罹った社員を就業禁止に出来るか」(産業保健新聞)
・ 「インフルエンザ予防接種、産業医にお願いできるのか?」(産業保健新聞)
・ 「インフルエンザにかかったら、会社は何日休むべき?」(産業保健新聞)