労働者4人に違法な時間外労働 三井不動産のグループ会社を送検 伊勢労基署

 三重・伊勢労働基準監督署は有効な36協定の締結・届出なく時間外労働をさせたとして、伊勢志摩リゾートマネジメント㈱(三重県志摩市)と同社の代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで津地検伊勢支部に書類送検した。 同社は三井不動産のグループ会社で、鳥羽国際ホテルなどのリゾートホテルを運営している。代表取締役は有効な36協定がないまま、労働者4人に平成30年3月1日~3月31日までの間、時……[続きを読む]

あわせて読みたい