栃木労働基準監督署は69歳の男性労働者が階段から墜落して死亡した労働災害で、杉本産業㈱(栃木県小山市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第23条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで宇都宮地検栃木支部に書類送検した。 同社は木製の椅子やソファなどの製造を営んでいる。労働災害は平成29年12月22日に、同社の工場内で起きた。69歳の男性労働者が2階の作業場に向かうため、直線階段を登っていたところ、……[続きを読む]