今後の主な検討事項にパワハラ対策も(労政審の雇用環境・均等分科会)

厚生労働省から、平成30年8月24日開催の「第4回労働政策審議会雇用環境・均等分科会」の資料が公表されています。 今回の雇用環境・均等分科会では、「同分科会における今後の主な検討事項(案)」などが示されました。 今後の主な検討事項は、次のとおりです。 ① 女性の活躍の推進のための対策について(女性活躍推進法、男女雇用機会均等法等) ② パワーハラスメント防止対策について ③ 働き方改革関連法の施行に伴う見直しについて 労働時間等設定改善指針の改正 等 今後の検討事項は、どれも、企業実務に影響するものですが、特に「パワーハラスメント防止対策」が気になるところかもしれませんね。 どのような防止対策が取り決められるのか? 今後の動向に注目です。 詳しくは、こちらをご覧ください。 <第4回労働政策審議会雇用環境・均等分科会> https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01007.html

あわせて読みたい