労災発生場所を虚偽記載 後日の監督でも嘘の出勤記録を提出 小諸労基署・建設業者代表を送検

 長野・小諸労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告書を提出したうえ、その後の臨検監督でも改ざんした書類を提出したとして、「須田産業」の代表者(長野県南佐久郡)を労働安全衛生法第100条(報告等)および労働基準法第91条(労働基準監督官の権限)違反の容疑で長野地検佐久支部に書類送検した。平成29年8月、建設業を営む同社労働者が、作業中に左足を骨折して数カ月休業する労働災害が発生していた……[続きを読む]

あわせて読みたい