【主張】景気拡大に冷水掛けるな

 総務省が6月29日に発表した5月の労働力調査(季節調整値)によると、完全失業率は前月比0.3ポイント低下の2.2%となり、25年振りの低水準となった(6月は2.4%)。就業者数は、6698万人に拡大しており、統計開始以降で最多を記録している。 失業率の改善により賃金が上昇し、消費拡大、物価上昇につながるというシナリオが成立しづらくなっている。……[続きを読む]

あわせて読みたい