強制捜査して立件 製材作業中の労災を隠蔽して送検 函館労基署

 北海道・函館労働基準監督署は、平成30年2月に発生した労働災害に関して、遅滞なく労働者死傷病報告書を提出しなかったとして、製材業の㈲久末製作所(北海道檜山郡上ノ国町)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で札幌地検函館支部に書類送検した。 労災は、労働者が丸太の製材作業を行っている際に発生している。機械と丸太の間に右手中指を挟み骨折していた。休業期間は「当初の見込みで3カ……[続きを読む]

あわせて読みたい