熱中症予防で「緊急要請」 建設業での死亡事例を受け 大分労働局

 大分労働局は、建設業労働災害防止協会大分県支部など関係業界6団体に対して熱中症予防対策の更なる徹底を求める緊急要請を発出した。建災防大分県支部に対しては、要請文を手交している。 要請日の1週間前に当たる平成30年7月19日に、県内の建設現場において労働者が熱中症により死亡する労働災害が発生していた。同月26日現在、死亡事例を含む休業4日以上の熱中症災害は4件。 要請の内容は、休憩時間の確保、水分……[続きを読む]

あわせて読みたい