物流連 加盟企業が新人を相互研修 離職防止対策として

視野広げて将来像示す 一般社団法人日本物流団体連合会(=物流連、田村修二会長)は、加盟企業が相互に新入社員を研修する取組みを始めた。今年度は山九㈱の新人研修に、他社社員が講師として参加する=写真。自社の強みや社史を教えることで、現場配属された物流総合職の新人の視野を広げ、将来像を描けずに離職するケースを防ぐ。物流の仕事は自社単独で業務が完結しにくい。何らかの形で他社と連携を図る必要がある。他社の強……[続きを読む]

あわせて読みたい