下請取引で配慮要請 豪雨受け事業者団体向け 経産省

 経済産業省は、平成30年7月豪雨により影響を受けている下請中小企業との取引について、不当な条件を押し付けることがないよう、親事業者関係790団体に書面で要請した。 要請文では、豪雨によって広範囲で工場の操業停止や交通インフラの損害が生じており、西日本地域の親事業者・下請事業者と取引がある全国の事業者に取引上の影響が広がる可能性があるとした。下請事業者の責任によらない受領拒否や返品、発注中止などを……[続きを読む]

あわせて読みたい