工場解体現場で3次下請労働者が負傷 2次下請業者を送検 桐生労基署

 群馬・桐生労働基準監督署は、2次下請として入場していた工場解体現場において墜落防止対策を怠ったとして、解体業の㈱セイエイ(埼玉県比企郡嵐山町)と同社職長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で前橋地検に書類送検した。平成30年3月、3次下請の労働者が肺挫傷、頭部出血、腰椎骨折のケガを負う労働災害が発生している。 被災した労働者は鋼板と石綿スレートがつながった屋根の上で解体作……[続きを読む]

あわせて読みたい