試し出勤に最賃支払い命令 名古屋高裁

「無給」合意推認も労基法上の労働と判断 精神疾患による休職期間が満了し退職となったNHKの元職員が、休職期間中に無給で行った「試し出勤」の賃金の支払いなどを求めた裁判で、名古屋高裁(松並重雄裁判長)は最低賃金相当額の支払いを命じた。試し出勤中は無給とする合意が成立していたと推認したが、上司の指示に従いニュースを作り、放送していたことなどから、労働基準法上の労働に当たると判断し、一部賃金の支払いが必……[続きを読む]

あわせて読みたい