玉掛け作業中に54キロの砂の塊が激突 基礎工事業者を書類送検 新潟労基署

 新潟労働基準監督署は、玉掛け作業に当たり危険防止措置を講じなかったとして、建設業の㈱長谷川組基礎工事(新潟県北蒲原郡)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。 平成30年3月、同社は、新潟県新潟市の倉庫棟解体工事現場で、鉄筋コンクリート製の杭を機械で地面から抜いた後、垂直状態の杭を一度水平にし、地上に下ろすという業務をしていた。別の移……[続きを読む]

あわせて読みたい