うつ病などで労災認定、過去最多 約3割は残業時間100時間以上【厚生労働省】

厚生労働省が今月6日に発表した「平成29年度 過労死等の労災補償状況」の取りまとめによると、仕事によってうつ病や精神疾患を発症し、労災認定を受けた人は506人(前年度+8人)で、統計開始以降はじめて500人を超えた。認定を受けた人のうち、約3割は平均残業時間(1ヵ月当たり)が100時間以上だったという。

あわせて読みたい