40歳未満へ健康指導 遠距離介護対策も強める サントリー・オンライン活用して

 サントリーホールディングス㈱(大阪府大阪市、新浪剛史代表取締役社長)は社員の健康指導を強化する目的で10月から、40歳未満の高血圧や高脂血症といった生活習慣病予備軍の社員600人に対して“オンライン保健指導”を実施していく。重大疾病のリスクがある社員の健康度合いを回復させ、会社としての競争力を高める。 具体的にはスマートフォンを経由して保健師や看護師、管理栄養士から指導を受ける。指導内容は同社の……[続きを読む]

あわせて読みたい