平成29年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表【東京労働局】

今回の重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場 や若者の「使い捨て」が疑われる事業場などを含め、労働基準関係法令の違反が疑われる 548事業場に対して集中的に実施したものです。  その結果、414事業場(全体の75.5%)で労働基準関係法令違反を確認し、そのうち242 事業場(44.2%)で違法な時間外労働が認められたため、それらの事業場に対して、是正 に向けた指導を行いました。

あわせて読みたい