勤務間休息10%以上に 過労死大綱で見直し案 厚労省

 厚生労働省は、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の見直し案を明らかにした。勤務間インターバル制度を導入している企業割合を、2020年までに10%以上にするなどと目標値を定めている。周知啓発にも力を入れ、同年までに「制度を知らなかった」企業割合を20%未満に抑える考えだ。 今回の大綱では、国が行う重点対策に勤務間インターバル制度の推進が初めて盛り込まれた。……[続きを読む]

あわせて読みたい