減少残業代を賞与に 平均0.04カ月上乗せ アルプス電気

 アルプス電気㈱(東京都大田区、栗山年弘代表取締役社長)は所定外労働時間削減に伴って減少した残業代を原資として、今年度夏季賞与に平均0.04カ月分の上乗せ支給を実施する。生産性向上の成果として与えるもので、支給日は今月25日だ。 対象は年俸制で働く社員を除いた約5100人。賞与支給月数は前半期の営業利益率や個人の評価・査定を基に決めており、上乗せして支給する0.04カ月はあくまで平均値だ。 同社に……[続きを読む]

あわせて読みたい