接客娯楽で4割違反 静岡労働局

 静岡労働局(高森洋志局長)は、平成29年の定期監督結果を公表した。 3374事業場中、63%に当たる2108事業場で法違反が発覚。最多は労働時間の22%で、以下、安全基準の17%、割増賃金15%が続く。 業界別の労働時間違反は、多い順に、運輸交通業66%、製造業39%、清掃業38%、接客娯楽業38%だった。…[続きを読む]

あわせて読みたい