育児休業 希望者全員2歳まで延長を 吉村市長が厚労相に要望 大阪市

例外確認でコスト増 大阪市の吉村洋文市長はこのほど、厚生労働省を訪問し、加藤勝信厚生労働大臣に希望者全員の2歳までの育休取得などを求める要望書を手渡した。現行制度でも事実上無条件で育休延長が認められているが、例外要件の確認に無駄な手間やコストがかかっている。待機児童数が実態よりも多く計上され、保育ニーズの把握にも支障が生じているという。加藤厚労相は「2歳までの延長は困難。事務レベルで何かできないか……[続きを読む]

あわせて読みたい