“Off-JT”若年層で低調に 連合総研調べ

 連合総研(古賀伸明理事長)の調べで、過去1年間にOff-JTを受けた20、30歳代が少ない実態が分かった。順に25.7%、22.0%で、ともに2割台の低さとなっている。 雇用形態別では正社員23.5%に対し非正社員11.6%と開きがある。 首都圏と関西圏に住む20~64歳の民間企業で働く2000人に聞いた。…[続きを読む]

あわせて読みたい