2割強の事業場で「最賃割れ」 愛知労働局・監督結果

 愛知労働局は、平成30年1~3月に530事業場に対して実施した最低賃金の履行確保に関する監督結果をまとめた。全体の21.3%に当たる113事業場で、最低賃金法違反が見つかった事業場は113件だった。愛知県の最低賃金は29年10月の改正で26円アップし、現在は871円。 違反率を業種別にみると、「その他」を除けば「製造業」が最も高く24.3%だった。以下、「生活関連サービス業、娯楽業」20.0%、……[続きを読む]

あわせて読みたい