人員不足により働き方改革困難 神奈川県

 神奈川県は、同県内の中小・小規模企業を対象に実施した、経営課題調査の結果を公表した。 働き方改革への取組み状況を尋ねると、「取り組んでいる」36.5%、「取り組んでいない」63.5%だった。取り組んでいない理由をみると、最も多かったのは「人員に余裕がない」41.5%で、次いで「必要性を感じていない」39.4%である。 取り組んでいる企業の具体的な実施内容は、「長時間労働の是正」70.5%が最多で……[続きを読む]

あわせて読みたい