賃金および残業代不払いで送検 総額「5万円弱」で 富山労基署

 富山労働基準監督署は、賃金および残業代を一切支払わなかったとして、飲食店を経営する㈲ワークス(富山県富山市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)および労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で富山地検に書類送検した。 同社は平成29年3月、アルバイト労働者3人に対して定期賃金(総額4万5238円)を一切支払わなかった疑い。うち1人に対しては、深夜労働をさせた……[続きを読む]

あわせて読みたい