11月11日~11月17日は「税を考える週間」 令和2年のテーマは「くらしを支える税」(国税庁)

 国税庁から、「税を考える週間」の取組紹介ページを掲載したとの案内がありました(令和2年10月29日公表)。
 
同庁では、日頃から国民各層・納税者の皆様に租税の意義、役割や税務行政の現状について、より深く理解していただき、自発的かつ適正に納税義務を履行していただくために、納税意識の向上に向けた取組を行っています。
 特に、毎年11月11日から11月17日までの1週間を「税を考える週間」とし、この期間を中心に様々な広報広聴施策などを行っています。
 
令和2年の「税を考える週間」では、「くらしを支える税」をテーマとして、国民各層・納税者の皆様に日常生活と税の関わりを理解してもらうことにより、納税意識の向上を図ることとしています。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<「税を考える週間」の取組紹介ページを掲載しました(国税庁)
 https://www.nta.go.jp/about/introduction/torikumi/week/index.htm

あわせて読みたい